Home>PCワンポイント活用術>エクセル(Excel)の活用術>セルの結合・解除ボタンの追加

セルの結合・解除ボタンを追加して作業を効率的にこなそう
Excel Version: Excel2007 Excel2003 Excel2002 Excel2000 Excel97 Excel95
◆ エクセルの書式ツールバーには、“セルを結合して中央揃え”のボタンがありますが、“セル結合の解除”とかのボタンは表示されていません。標準設定では「セルの書式設定」メニューで結合を解除することになってとても不便です。

結合して中央揃えボタン

◇“セルの結合”“横方向に結合”“セル結合の解除”ボタンがあると結合・解除が自由自在、とても効率的に作業が出来ます。

追加結合・解除ボタン

◇“セルの結合”“横方向に結合”“セル結合の解除”ボタンは表示されていないだけで、ツールバーの適当なところに設置してやると使えるようになります。
◆ボタンを設置しましょう
〔1〕 メニュー「表示(V)」→「ツールバー(T)」→「ユーザ設定(C)」とクリックして“ユーザ設定”ダイアログボックスを呼び出します。

ユーザ設定メニュー1

〔2〕 「コマンド(C)」タブをクリック → 分類(G) の表から“書式”をクリックします。
 (1) コマンド(D)の表から“セルの結合”ボタンを探します。
  見つかったら、ボタンをツールバーの適当な場所(“セルを結合して中央揃え”のとなりがいいと思います)にドラッグして、棒が出たらマウスのボタンを放します。
これでボタンが1個ツールバーに追加されます。

ボタン追加1

 (2) 同様にコマンド(D)の表から“セル結合の解除”ボタンをツールバーにドラッグして追加します。
 (3)“横方向に結合”のボタンもドラッグしてツールバーに追加します。

〔3〕 ボタンを3つ追加し終わると、こんな感じになりますので、[閉じる]をクリックしてダイアログボックスを閉じます。

追加完了

◇ダイアログボックスが閉じると、ツールバーのボタンが使えるようになっています。

追加後のツールバー

◇[セルの結合]ボタンは、セルの結合だけをしてくれるボタンです。中央揃えとかにはなりませんので、結合解除←→結合を繰り返して作業しているときなどはとても重宝します。

◇[横方向に結合]ボタンは、横の方向にだけセル結合を行います。複数の行にわたってセル選択していても上下には結合されませんので、とても効率よく作業が出来ます。

◇[セル結合の解除]ボタンは、その名のとおり、結合を解除するためのボタンです。表の作成中は結合←→解除を繰り返すことが結構多いので、便利なボタンです。



Copyright© Ufuidotnet, 2003〜2011, all rights reserved. Excelのセル結合・解除ボタンの表示counter