Home>PCワンポイント活用術>エクセル(Excel)の活用術>DATEDIF関数の使い方

年齢計算に便利なExcelのDATEDIF関数の使い方
Excel Version: Excel2007 Excel2003 Excel2002 Excel2000 Excel97 Excel95
◆ DATEDIF関数は、2つの年月日の間隔を年数、月数又は日数で求める関数です。
  たとえば、年齢を年月単位で計算することができます。
◆ 書式
DATEDIF(始めの年月日,終りの年月日,求める数値)
始めの年月日: 期間の始めの年月日を指定します。
直接年月日を指定する場合は、"1985/5/12" のように日付をダブルクォーテーション(")で囲んで指定します。
日付の入ったセルを指定してもいいです。
終りの年月日: 期間の終りの年月日を指定します。
直接年月日を指定する場合は、"2003/9/10" のように日付をダブルクォーテーション(")で囲んで指定します。
日付の入ったセルを指定してもいいです。
年齢を計算する場合などは、今日の日付を求める関数[today()]で指定する
求める数値: 年数は"y"、月数は"m"、日数は"d" を指定します。
y年m月間のm月部分(月数の端数)だけを求めるには"ym"で指定します。同様にd日部分(日数の端数)だけを求めるには"md"で指定します。
◆ 使用例
(1) G12セルに、引数に直接年月日を入れて年数を求めた例
  E F G
       
12     21
G12の計算式: =DATEDIF("1985/5/11","2006/9/12","y")
(2) G18セルに、E18セルとF18セルの日付を引数で参照して月数を求めた例
  E F G
       
18 1985/5/11 2006/9/12 256
G18の計算式: =DATEDIF(E18,F18,"m")
(3) G24セルに、E24セルの日付を開始日として、今日(2006/6/1)までの日数を求めた例
  E F G
       
24 2003/1/1   1247
G24の計算式: =DATEDIF(E24,TODAY(),"D")
(4) G30セルに、E30セルとF30セルの日付を引数で参照して月数の端数を求めた例
  E F G
       
30 1985/5/11 2006/9/12 4
G30の計算式: =DATEDIF(E30,F30,"ym")
(5) G36セルに、F36セルの誕生日を使い、今日(2006/6/1)までの年齢を“年月”で求めた応用例
  E F G
       
36 誕生日: 1954/4/1 52歳2ヶ月
G36の計算式: =DATEDIF(F36,TODAY(),"y")&"歳"&DATEDIF(F36,TODAY(),"ym")&"ヶ月"


◆ こちらの使用例もどうぞ ⇒ 「コピペで使える数式:DATEDIF関数の数式例集」



Copyright© Ufuidotnet, 2003〜2011, all rights reserved. Excelのdatedif関数の使い方counter