Home>パソコンお役立ち>Wordお役立ち集>新規作成時のデフォルトフォントの指定

Word新規作成時のデフォルトフォントの指定
Word Version: Word2013 Word2010 Word2007 Word2003 Word2002 Word2000 Word98 Word97 Word95
◆ ワードで新規に文書を作成する際、ページ設定で用紙サイズとか、余白の指定をするのは普通にやられていることですね。でも、デフォルトのフォント(特に指定しなければ使われる書体)を指定している方はどのくらいいるでしょうか?

 作成する文書を効果的に表現するために、基本に使用するフォントを決めておくことは、用紙サイズや余白と同様、効率よく文書を作成していく上で、ぜひとも指定していただきたい事項です。

◆デフォルトフォント指定の操作です。
〔1〕 「ファイル(F)」メニュー → 「ページ設定(U)」クリックで [ページ設定] ダイアログボックスを呼び出します。
ページ設定メニュー

〔2〕 [ページ設定]ダイアログボックスの「文字数と行数」タブの下のほうにある [フォントの設定(F)]ボタンをクリックして、「フォント」ダイアログボックスを呼び出します。
フォントダイアログ呼び出し

〔3〕 [フォント]ダイアログボックスの「フォント」タブで、“日本語用のフォント(T)”と“英数字用のフォント(F)”のドロップダウンリストボックスのボタンをクリックしてフォントを選択します。
  “英数字用のフォント(F)”に“(日本語用と同じフォント)”を選択すると、半角の英数字だけ字の形が違うということを避けられます。
フォントの指定

  フォントの選択が終わったら、ダイアログボックス一番下の [ OK ] ボタンをクリックして [フォント] ダイアログボックスを閉じます。

〔4〕 [ページ設定]ダイアログボックスに戻りますので、ダイアログボックス一番下の [ OK ] ボタンをクリックして [ページ設定] ダイアログボックスを閉じます。
フォントダイアログを閉じる

◆以上で、作成する文書で標準として使うフォントの指定が出来ます。
 フォントの指定は、文章入力後のフォント指定でいくらでも変えられますが、デフォルトフォントを変更しておくと、とても効率的に作業が進められます。

ぜひお試し下さい。



Copyright(c) Ufuidotnet, 2003〜2013, all rights reserved. Page View