Home>パソコンお役立ち>Wordお役立ち集>既定(デフォルト)フォントの指定

Wordの既定(デフォルト)フォントの指定
Word Version: Word2013 Word2010 Word2007 Word2003 Word2002 Word2000 Word98 Word97 Word95
◆ ワードを起動したとき出てくる“文書1”に使用される、いわゆる“既定フォント”の変更です。もっと簡単に言えば、いつも使う標準フォントを指定する操作です。

 “文書1”は“NORMAL.DOT”というテンプレート(ひな型)から作られますが、既定のフォントを変える操作は、この“NORMAL.DOT”に使われるフォントを指定することになります。

◆既定(デフォルト)フォント指定の操作です。
〔1〕 「書式(O)」メニュー → 「フォント(F)」クリックで [フォント] ダイアログボックスを呼び出します。
書式メニュー

〔2〕 [フォント]ダイアログボックスの「フォント」タブをクリック、[日本語用のフォント(T)]のドロップダウンリストボックスのボタンをクリックして、リストの中から使用するフォントをクリックします。
 [英数字用のフォント(F)]を“(日本語用と同じフォント)”にすると、半角英数の字体が全角文字と違うということが防げます(念のため)。
フォントダイアログの設定

〔3〕 フォントの指定が終わったら、ダイアログボックス一番下にある [規定値として設定(D)] ボタンをクリックします。
規定値として設定

〔4〕 [既定のフォントを………変更しますか?]という小さなダイアログボックスが出て、実行するかしないかを聞いてきます。
 [ はい(Y) ] をクリックすると規定値の変更が完了して、ダイアログボックスは閉じます。
変更確認ダイアログボックス

◆以上で、既定(デフォルト)で使うフォントの指定が出来ます。
 人によってそれぞれ一番良く使う書体というのがあると思います。単に好みだったり、強くアピールできるから、とか理由は様々でしょうが、既定のフォントは一番良く使う(使いたい)フォントにしておくのが一番ですね。

ご利用ください。



Copyright(c) Ufuidotnet, 2003〜2013, all rights reserved. Page View