パソコンのコンビニ うふい のサポートブログです。パソコン、タブレット、スマホに関するサポート話題を発信しています。困っているときはお互いさま、お役に立てれば幸いです。

記事一覧

ワイヤレスの落とし穴

最近はワイヤレス化が進んで、邪魔な紐がなくなっていいですね。
デスクトップPCは、マウスとキーボードがワイヤレス化で使い勝手が格段に向上、とくにキーボードは電池が入っていることを忘れるぐらい長持ちします。

先日も、インターネットの検索文字が入力できない問い合わせがありました。

Q : インターネット以外のエクセルとかで文字は入力出来ますか?
A: できません
Q: キーボードのウィンドウズマークのキーを押してスタートメニューは出ますか?
A:  出ません
Q: キーボードはワイヤレスですか?
A: ワイヤレスです。
Q: 電池なくなってるのでは?
A: 電池?
Q: キーボードの裏側に蓋が付いてるでしょう
A: あっ、電池が入ってる!

電池を交換して無事使えるようになりました。

多分、完全に使えなくなる前に、反応が悪かったり、入力した文字が抜けてたりといった症状が出ていたと思われます。
ワイヤレスキーボードの反応が悪い場合は、電池、疑ってみる必要があります。

にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

NEC LTEホームルータ HT100LN はEdgeとIEしか対応していない

★Win10 の Google Chrome でインターネットが極度に遅い!というので、訪問サポートしました。

いつも使っているブラウザー Google Chrome(クローム)を開くと、トップページに設定されているYahoo!Japanのページが待てど一向に読み込み終わりません。
タスクマネージャーを開いて、インターネットの速度を見ると、受信が1Mbpsも出ません。

最近インターネットの接続を NEXTmobile(ネクストモバイル)のホームタイプWiFi(NEC Aterm HT100LN)に切り替えたということで、当初快適に使えていたとのこと。
1か月ほど経過した1週間ぐらい前からガクンと遅くなってしまったという。

ファイル 28-1.png

試しにブラウザーをEdgeに替えてみると、快適サクサク、スピードも9Mbpsを超えるぐらい出ます。

NEXTmobile の HT100LN のページを出しても詳しいことは載っておらず、確認しようがありませんでした。
NECのサイトで「Aterm HT100LN:仕様」を確認すると、対応OSに制限があるようで、

(NEC HT100N サイトから引用)--------------------------

また、本製品の設定にご利用いただけるWWWブラウザは、以下のとおりです。(2018年10月現在)
【Windows 10 の場合】
Microsoft Edgeに対応
Internet Explorer 11に対応
【Windows 8.1 の場合】
Internet Explorer 11に対応
【Windows 7 の場合】
Internet Explorer 11に対応
【macOS Sierra(10.12)の場合】
Safari 10.0に対応
【OS X v10.11の場合】
Safari 9.0に対応
【OS X v10.10の場合】
Safari 8.0に対応
【OS X v10.9の場合】
Safari 7.0に対応
【iOS 10.0/9.3/9.2/9.1/9.0/8.4/8.3/8.2/8.1/8.0の場合】※1
Safariに対応
【Android 7.0/6.0/5.1/5.0の場合】※1
Google Chromeに対応

※ 設定を行う端末は、事前に有線またはWi-Fiで本商品に接続してください。
※1 下記内容は設定できません。(2017年7月現在)
[設定値の保存&復元]画面の[設定値の保存]、[設定値の復元]
[ファームウェア更新]画面の[更新方法:ローカルファイル指定]での更新

(引用ここまで)--------------------------------------------------

が載っていました。

なんと今どきマイナーなEdgeとIEしか対応していないようです。

これは『使えないなぁ』ですよ。

HT100LN の導入を検討している方、はっきり言ってやめといたほうがいいですよ。

サポートに伺ったお宅では、契約の2年縛りもあるので、Edge でブラウジングすることで結論としました。


【4月2日追記】
月が変わって通信量カウンタがリセットされたら、当然のことですが回復しました。
Chromeでのブラウジングも回復。
どうやら、Chromeのほうが速度制限を敏感にキャッチしていたようです。
NEXTmobileの場合マイページで月の通信量の確認が出来ないようなので、減速されて気がつくしかないパターンですね。
ルーターHT100LNのランプは減速すると青から緑に変わるようですが、あとの祭りですよね。


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

BASE【独自ドメインApp】さくらインターネットのドメインの設定

★BASE(ベイス)でネットショップを開設、運用している方も多いと思いますが、オリジナルドメインはBASEでは取得できません。しかるべきサイトでドメインを取得した場合は、BASEのショップで使えるようになっています。

 当うふいのネットショップ「手づくり*うふい」も6月末でショッピングカート「ショップギア」がサービス停止、閉鎖になるということで、ただいまBASEへ移行中です。

うふいのHPサーバーは「さくらインターネット」を使用しており、今回のBASEのショップでもさくらインターネットでドメインを取得して使用することにしました(サーバー・ドメインの支払い関係がさくらインターネットに一本化できるので都合がよい)。

 BASEのヘルプを見ると、「お名前.com」「ムームードメイン」で取得したドメインの設定要領は載っていますが、「さくらインターネット」で取得したドメインの設定要領は載っていませんでした。

この度、無事さくらインターネットでドメインの設定を行い、BASEのショップで使えるようになりましたので、要領を記事にしてみました。


★さくらインターネットで管理しているドメインをBASEに設定する際の手順

※事前に、以下の手続きが必要です。
・BASEにてショップの作成
・さくらインターネットで独自ドメインの取得(管理をさくらインターネットへ移管する場合を含む)

■さくらインターネット会員メニュー画面での手続き
1.さくらインターネットの会員メニュー画面にログイン
 https://secure.sakura.ad.jp/auth/login
 会員IDとパスワードを入力して [ログイン(認証)]します。

ファイル 27-1.jpg

2.会員メニュートップ画面から
 [ ➡契約サービスの確認] の [ > ドメインの確認] をクリックします。

ファイル 27-2.jpg

3.ドメイン一覧が出たら、[ ▶ドメインメニュー ]をクリックします。

ファイル 27-3.jpg

4.「管理ドメインとネームサーバの一覧」画面の「ドメイン名の管理」リストで、BASEで使うドメインの[ ゾーン編集 ] をクリックします。

ファイル 27-4.jpg

5.選択したドメインのゾーン表示画面で、[ 変 更 ]をクリックします。

ファイル 27-5.jpg

6.ゾーン編集画面では、
 エントリ名に  www  を入力、
 種別      別名(CNAME)  を選択、
 値       cname.thebase.in.  を入力(最後にドット”.”を付ける)し、
 初めての場合は [ 新規登録 ] 、修正の場合は [ 変 更 ]をクリックします。

ファイル 27-6.jpg

7.エントリ名 www で追加(削除&追加)されます。
 「データ送信」をクリックすると新規登録(変更)データが書き込まれます。

ファイル 27-7.jpg

※さくらインターネットでは、DNSサーバーの変更は必要ありません。
ns1.dns.ne.jp.  ns2.dns.ne.jp. のままで運用されます。


8.さくらインターネットの会員メニュー画面での操作は以上で完了しますので、ログアウトして閉じます。

※ゾーン編集の結果が反映されるまでに数時間は必要です。
※さくらインターネットの会員メニューでの設定完了後はBASE管理画面でドメイン名の設定をします。



■BASE管理画面での手続き
1.BASEのショップ管理画面にログインします。
2.Apps>独自ドメインAppへ移動、
3. インストール ボタンをクリックします。
4.「ドメイン名」に設定したいサブドメイン名(例:www.tedukuriufui.net)を入力して「保存する」をクリックします。
 正常に設定が完了すると以下の画面が表示されます。

ファイル 27-8.jpg

※さくらインターネットの管理メニューでの設定直後にこの設定を行うと、以下のエラーが表示されます。CNAME設定がまだ反映されていないため、BASEに設定することができません。
時間を置いて再度設定をお試しください。さくらインターネットの場合、数時間で設定が反映されると思いますが、CNAME設定が反映するまで最大72時間程度かかることがあります。

ファイル 27-9.jpg

5.SSLの設定(http://www.*** → https://www.***)は、少し待つと自動的に行われます。実際に運用するURLは、SSLに対応した https://www.tedukuriufui.net/ という形になります。

 ショップヘルプ:SSL証明書発行には対応していますか?

「【独自ドメインApp】さくらインターネットのドメインの設定方法」(印刷用pdf)


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

テキストボックスにセルの値を表示させるには

エクセルのテキストボックスは自由に置けるので使っている人も多いと思いますが、テキストボックスの内容自体をセル参照にしたいときもあると思います。

(1) テキストボックス内にセル参照の =b2 と入れても、=b2 が表示されるだけで、B2セルは参照してくれません。

ファイル 26-1.png

■セルの値をテキストボックス内に表示させるには、

(2)テキストボックスを選択し、

(3)数式バーにセル参照の数式(ここでは =B2)を入れ、[Enter]を押します。

(4)テキストボックスがセル参照になり、セルの値(ここではB2セルの文字列)がテキストボックス内に表示されます。

ファイル 26-2.png

B2セルを書き換えると、テキストボックス内も変わります。


にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

マイナンバーカードの「パスワード」「暗証番号」用語混用を解消してほしいものだ

★今年も2月18日から確定申告が始まっています。
なかなか普及が進まないe-Taxですが、それでも10数パーセントまでは増えたようです。
私がe-Taxで申告を始めた2004年頃には確か3パーセントぐらいだったような記憶があります。

e-Taxで確定申告するにあたり、必需品が電子署名の「公的個人認証」ですが、かつては「住基カード」で、マイナンバーカードができてからはほぼ強制的に「マイナンバーカード」に切り替わりました。

15年以上も使っていていまだに毎回迷うのが、公的個人認証の証明データを付与するときのパスワードです。
気になったので、区役所窓口でもらう資料、JPKI利用者ソフトでの表現を改めて検証してみました。
(窓口でもらう資料は、私が在住のさいたま市岩槻区で使われている資料です)

1.市区町村窓口でマイナンバーカードを作成するときにもらう資料
 窓口でマイナンバーカードを作成するときにもらった資料は「個人番号カード 利用のご案内」と「電子証明書 利用のご案内」でした。

 「個人番号カード 利用のご案内」の裏面には自分で決めるいくつかのパスワード(暗証番号)の記入欄があります。
この資料の2にこのパスワードの取り扱いについての注意事項があり、用語はすべて「パスワード」の表現になっています。
ファイル 25-1.png

資料の裏面にある窓口で自分で入力する「パスワード」をメモする欄に行くと、用語が「暗証番号」に変化します。
用語の使い方に一貫性がないのです。
分かりにくく、入力するときいつも『大丈夫かな?』って迷う原因が1つここにあると思われます。
ファイル 25-2.png

2.JPKI利用者ソフトで実際に入力を促されるときの表現を見てみます
 「JPKI利用者ソフト」を起動して、自分の証明書を表示させてみます。
ファイル 25-3.png

2.1「署名用電子証明書」を呼び出してみます
 ○署名用電子証明書 を選び[OK]を押すと、「公的個人認証 署名用パスワード」の入力を求められます。
「個人番号カード 利用のご案内」裏面『①「署名用電子証明書用」の暗証番号』を入力することになります。
入力したパスワード(暗証番号)に間違いがなければ証明書の内容が表示されます。
この操作で入力するときの表現は「署名用パスワード」です。
ファイル 25-4.png

2.2「利用者証明用電子証明書」を呼び出してみます
 ○利用者証明用電子証明書 を選び[OK]を押すと、「公的個人認証 利用者証明用パスワード」の入力を求められます。
「個人番号カード 利用のご案内」裏面『②「利用者証明用電子証明書」の暗証番号』を入力することになります。
入力したパスワード(暗証番号)に間違いがなければ証明書の内容が表示されます。
この操作で入力するときの表現は「利用者証明用パスワード」です。
ファイル 25-5.png

「JPKI利用者ソフト」での表現はすべて「パスワード」になっていて、e-Taxでも同じログイン画面で「パスワード」として入力を促されます。


3.用語の使い方に一貫性がない
 以上のように市区町村窓口で渡される資料での用語とJPKIソフトでの用語の使い方に一貫性が欠けています。
ずーっと違和感を覚えていたのはこの一貫性の無さにあると思われます。

また、一般的な用語のイメージとの違和感もあります。
「利用者証明用パスワード」は、英数字6文字以上16文字以下で、英字と数字が組み合わされることとなっているため、PCやインターネットを利用している方なら『パスワード』の用語でしっくりくるものです。
一方、「署名用パスワード」は、数字4桁です。一般的には銀行のキャッシュカードに代表される『暗証番号』の表現のほうが『パスワード』よりもしっくりくると思います。
『パスワード』と『暗証番号』と使い分けることにより、「入力するものが違いますよ」ということを明確に示すことにもなり誤入力を防止する点で有効なように思われます。


4.用語の使い方を変えるのが良い
 「パスワード」と「暗証番号」の用語を一般的なイメージと合うように使うのがいいと思います。
「パスワード」は『①「署名用電子証明書用」のパスワード』としてパスワードの用語を使用する。
「暗証番号」は『②「利用者証明者用電子証明書」の暗証番号』『③「住民基本台帳事務のアプリ」の暗証番号』『④「券面事項入力補助用のアプリ」の暗証番号』として暗証番号の用語を使用する。
英数混ざるものは「パスワード」、数字のみのものは「暗証番号」という使い分けです。

(1) 市区町村窓口で配布している資料の表現は、以下のように直します。
ファイル 25-6.png
ファイル 25-7.png

(2) JPKI利用者ソフトでの表現は、「利用者証明用パスワード」を入力する画面のみ以下のように直します。
ファイル 25-8.png

これで、パスワードと暗証番号の使い分けにより入力時の迷いがなくなり、窓口でもらう資料と実際に入力する際に画面に出てくる用語にも一貫性が生まれて使いやすくなると思います。

(1)の変更を施した資料を作ってみました。関心のある方はお使いください。
「個人番号カード 利用のご案内」(PDF)
「個人番号カード 利用のご案内」(Word)

にほんブログ村 PC家電ブログへ にほんブログ村 PC家電ブログ パソコン教室・サポートへ にほんブログ村 地域生活(街) 関東ブログ さいたま(市)情報へ

ページ移動



Lastupdate:
AccessTotal access  PV:page counter

うふいTOP  ブログTOP  個人情報の取り扱い  RSS  スタッフ専用